コラーゲンドリンクランキング[効果比較]

美容の敵?活性酸素について

 

活性酸素と聞くとなんだか体に良くないもの程度の認識の方も多いと思います。実際に活性酸素はどう体に良くないのか、どういったものなのかを見ていきましょう。

 

 

【活性酸素とは】

 

活性酸素は酸化力がとても強く高い殺菌作用を持っているので、本来は体にとって必要なものです。普通に生活をしていても呼吸で取り入れた酸素の約2%は活性酸素になると言われています。適度な量であればよいのですが増えすぎてしまうと細胞にダメージを与える存在になってしまい、肌のシミやシワが増えたりなど老化の原因となります。

 

 

【活性酸素が増える原因】

 

紫外線を浴びる

紫外線にはA波とB波があり、A波は肌の奥深くまで入り込みコラーゲンを変質させてしまうことでシワの原因になります。B波は肌の表面部分にしか影響を与えませんがとても強いエネルギーを持っているため、日焼けをして赤くなるのはこのB波影響です。かといって紫外線を浴びずに日頃の生活を送るのは難しいので日焼け止めなどを利用して紫外線の対策とケアをしっかりしましょう。

 

喫煙

百害あって一利なしともいわれていますが、タバコの煙自体に活性酸素が含まれているほか、抗酸化作用のあるビタミンCを破壊してしまいます。美肌を求めるのであれば禁煙をおすすめします。

 

食生活の乱れ

手軽なファストフードなどが増え、便利になりましたがそればかりとっていると栄養が偏ってしまいます。抗酸化作用のある栄養素を重点的にとりバランスのよい食事をすることで活性酸素を減らすことができます。ビタミンEは活性酸素による細胞の酸化を防ぎ、血流をよくして代謝を上げてくれます。ビタミンCはコラーゲンの生成を促す働きをする他にビタミンEの働きを促進してくれるので合わせて摂取すると抗酸化に効果的でしょう。ポリフェノールや亜鉛なども抗酸化作用をもつ成分なので積極的に摂取していきましょう。

 

ストレス

ストレス社会とも言われる現代ではストレスを回避することは難しいでしょう。過度のストレスによっても活性酸素は作られてしまうので、自分にあったストレス解消法を見つけて発散していくようにしましょう。

 

激しい運動

激しい運動を行うと必然的に呼吸で吸い込む酸素の量が増えるので活性酸素も多く取り込むことになります。しかし息が切れない程度の適度な運動は逆に活性酸素に対して有効なのです。どうしても激しい運動をする場合には運動後にサプリなどを摂取して抗酸化を行うとよいでしょう。

 

 

【過酸化脂質とは】

 

コレステロールや中性脂肪などの脂質は本来であれば細胞や血管の膜組織として必要なものです。過酸化脂質は活性酸素によって体内の脂質が酸化した状態でこれが体内に溜まることを過脂化といいます。過酸化脂質は体にとって有害で動脈硬化や糖尿病など重たい病気の原因にもなります。

 

 

【過酸化脂質を減らすには】

 

ビタミンEやビタミンCの抗酸化作用で体の活性酸素を除去することで脂質と結びつくことを防ぎます。またビタミンB2は過酸化脂質自体を分解する働きがあるので、これらが含まれる食品を摂取するとよいでしょう。