コラーゲンドリンクランキング[効果比較]

両立しにくいダイエットと美容は健康的な食生活で改善可能?

 

ダイエットでスリムな身体を手に入れたいからといって食事制限をしすぎると栄養不足で健康によくない上、肌荒れやシワなどの原因にもなります。適度な運動をして適度な食事をすることで健康的にダイエットすることができます。

 

【ダイエット中の食事】

ダイエット中の食事はカロリーを抑えたいがため何も食べないなど無理な食事制限をしがちです。無理な食事制限でカロリーを抑えるのではなく、栄養バランスを考えながら低カロリーの食材を主に使った食事をとり、適度な運動などによってカロリーを消費することで健康的に痩せることができ、また筋肉もつくことで太りにくい体づくりになるなどリバウンドの防止にもなります。

 

大豆

大豆ダイエットというダイエット法があるくらい大豆はダイエットに適した食材です。大豆はタンパク質、ビタミンB、イソフラボンが含まれており、これらは糖質や脂質をエネルギーに変え代謝を高めてくれます。さらに大豆タンパク質はコレステロールの調整や体脂肪を溜め込みにくくする効果があります。豊富に含まれる食物繊維や大豆オリゴ糖は腸内環境を整えてくれるので便秘の改善に役立ちます。

 

海藻

海藻類には食物繊維が豊富に含まれているため腸内環境を整え便通をよくしてくれます。中でもわかめは血糖値の上昇を抑え体脂肪がつきにくくなる効果があり、わかめに含まれるヨウ素は代謝も向上するので脂肪燃焼にも役立ちます。しかしヨウ素は摂り過ぎると健康を害する可能性があるので注意しましょう。

 

きのこ

美味しくて安い上に低カロリーなきのこはダイエットに適している食材といえるでしょう。きのこに含まれるキノコキトサンは脂肪の燃焼を助ける働きがあります。またきのこも食物繊維を多く含みますが水溶性食物繊維はほぼ身体に吸収されません。そして水分を吸収して膨らみ満腹感を得られるので結果的に摂取するカロリーを抑えることができます。

 

ささみ肉

ダイエットというと肉食を避けると思いますが、ささみ肉はダイエット向きの食材なのです。なぜなら肉なのに低カロリーなのでダイエット中でもとることができ、タンパク質を豊富に含んでいるので代謝を向上させることができます。そしてナイアシン(ビタミンB3)の働きで肌のターンオーバーを促進させ、若々しい肌を保つことにも繋がってきます。

 

この他にもするめを噛んで満腹感を得たり、ノンオイルのシーチキンでカロリーを抑えるなど数々のダイエット食があります。中には脂肪の燃焼を促進したりなどダイエット中にとったほうがよいものもあります。